2019年10 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近の記事

« 2014/9/12 < 武藤康弘さんx譽田亜紀子さんトークイベント > No.76  | メイン | 2014/10/10 綱本武雄さん✕江弘毅さんトークイベント  »

2014/08/28

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

玉田善彦

私は15年以上前に、虎の門病院の大久保先生から糖尿病食を教わり、済生会中央病院の糖尿病教育入院で、2週間X2回で木浦先生、船江先生他大勢の先生、全部で16人いらした。栄養部長の減塩食指導を守り、退院後も長く同病院の細川和弘先生にお世話になり、近医では園田クリニックの園田先生にお世話になっています。HBA1Cは常時6以下。随時血糖値は100以下。入院時はは9.3で、血糖値は200もあった。血圧は230もあったが、虎の門病院の大久保先生・現・代謝内科部長の勧めで、済生会東京中央病院への教育入院で命が20年も伸びました。感謝感謝の無限大。糖尿病は1に食事2に運動(3に減塩)で、完全にコントロール。糖尿病からでないと診断された独立した腎臓病はクレアチニンが1.41でしたが20年後も1.48や1.50、急変して2,9になり緊急入院し、三瀬先生、葉末両先生の処置・指導のおかげで回復。また1.6に戻った。虎の門病院の乳原善文腎センター長の指導を守ったお陰。および
たえず連絡指導を受けた近医の園田先生のおかげです。しかし糖尿病食と減塩食は非常につらかった。何度泣いた
事か。今は減塩食と低たんぱく食の配達を受けています。非常においしく毎日が懐石料理です。とにかく諸先生のご指導と自己責任で自助努力です。みなさん泣きながらでも地獄から這い上がってください。

この記事へのコメントは終了しました。